コスパを考える

コストパフォーマンスを考えた上でも非常に利用価値が高いと言われている翻訳会社はグローバルなビジネスを行う上でとても大切な選択肢のひとつになると言うことが出来ます。

続きを読む

翻訳の仕事

翻訳の中でも様々な種類があります。その中の1つが技術翻訳です。専門の翻訳家が機械の取扱説明書の内容を翻訳するといった仕事になります。翻訳の値段は一文字換算になるものが多く、高額になる傾向にあります。

続きを読む

専門化に頼む

世界にある様々な言語を翻訳する際には、言葉の置き換えだけでなく文化の違いを考慮した翻訳が求められます。自分で勉強していては時間がいくらあっても足りないので、手軽に質の高い翻訳会社に依頼しましょう。

続きを読む

会社を上手に選ぶ

翻訳会社を選ぶ際には、翻訳業界について知っておくことが必要です。専門性が必要な翻訳であれば、その分野に精通している翻訳会社に依頼することで質の高い翻訳を手にすることが出来ます。

続きを読む

EAPについて

EAPを上手に導入するには

 EAPとはEmployee Assistance Programの略で、従業員支援のためのプログラムを指しています。  EAPには内部EAPと外部EAPがあり、内部EAPとは社内の産業医や保健師、人事労務管理者などを指します。もちろんこれらの人達は社内の従業員の健康管理に努めなければいけないわけですが、外部の専門機関の力を借りた方が、何かと効率も良く、コスト面からも返ってこちらの方が良かった、ということも多々あるのです。  外部機関の助けを借りる場合、ただやみくもに「お願いします」と丸投げするのは、効率が良いとは言えません。その前にいかに準備をするがで、導入した成果が違ってくるのです。  まず第一に、導入の前に内部の責任者を決め、その責任者を中心にEAP導入の目的を明確にしておくことです。そして、どのような点を改善したいのか、それを具体的にして社内の意思の一致を図っておきましょう。  メンタルヘルス管理はこれからの企業にとって必須と言えます。EAPを上手に導入して、企業意識を高めましょう。  

コストに見合った導入の仕方を考えよう

 様々な企業が外部EAPのサービス提供を行っているわけですが、価格は提供する各企業の状況によって異なる、というのが一般的です。  だいたい相場としては従業員1人あたりにつき、年間数千円というところですが、これもサービスの種類によって変わってきます。会社によって得意とするサービス内容は変わってきますので、費用に見合ったものを提供してもらえるのかどうか、よく検討しましょう。例えば、費用が安いので導入してみたら、電話やメールの相談だけであまり意味が無かった、ということもありえます。  また、中小企業は外部のEAP機関に委託した場合、費用の一部を受給できる制度がありますので、こうした制度も利用しましょう。  流行だから、安いから、と飛びつかず、まずは社内でじっくりと相談をしてから、自分たちの状況とコストに見合ったEAPを導入しましょう。